施術の流れ


1.問診

ご記入頂く問診表を基に、何をすると痛いのか、どこが痛いのかなど、現在(以前から)お困りの症状をお伺いし、症状を把握します。

2.メディカルチェック

メディカルチェック 全身の可動域、柔軟性のチェックを行います。左右差や弱点(改善点)を調べ、症状の原因を究明、根本改善に向けてのプランをご説明いたします。

3.物理療法

超音波

超音波 1分間に数百万回の高速度ミクロマッサージを細胞レベルに行い、血行を促進し、痛みの軽減・早期回復効果があります。多くのプロスポーツ選手も活用されている治療機器です。捻挫・肉離れ・肘痛・しびれなどに高い効果があります。

干渉波

干渉波 神経の働きを調整し、体の不調を和らげるのがこの干渉波療法(低周波)です。手足の神経を刺激し、マヒ等に効果があるとともに、筋肉をマッサージしてコリなどを和らげ血行を促進する効果もあります。

微弱電流

微弱電流 もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進します。

4.手技療法

関節調整(骨盤矯正・脊椎矯正など)

関節調整 痛みの原因は関節の不具合であることが多いです。
関節を調整することにより、身体が本来持っている機能を回復し、弾力性のある痛みにくい体へと変化していきます。
ボキッとする瞬間的な整体ではなく、全く痛みのない安全な手技で行います。

運動療法(PNFストレッチなど)

運動療法 緊張した筋肉に対して、PNFストレッチや筋肉のほぐしを行い、痛みの軽減と再発しにくい身体つくりを目指します。

マッサージ

マッサージ 筋肉やツボを刺激し、こりをとります。血流や可動域を改善します。

はり・灸

はり・灸 東洋医学的な観点から、血流改善や、こりかたまった筋肉をゆるめます。また花粉症や冷え症などの改善も期待できます。